ジャック、ライブドアオート...これまでのカーチス

カーチスという自動車買取専門店は、現在のところ株式会社カーチスという東京の企業によって運営されていますが、ここにたどり着くまでにいろいろなことがあったようです。

 

中古車買取・販売などを行うジャックと中古車査定センターという二つの運営を行う企業として起業して、業績を上げていったのですが、ライブドアがインターネットの世界に中古車オークションを持ち込むことを発表し、それに賛同したこの企業はその自動車のネットオークションを一手に引き受ける専門部署ということでライブドア傘下に入りました。

 

その時、車名もライブドアオートに変更し、それまでジャックや中古車買い取りセンターとしていた店舗名もライブドアオートとしたのです。

 

しかしそのわずか二週間後にライブドアの社長の不祥事によって、ネットオークションは一時的に頓挫、更にイメージの悪化によって売り上げにも影響が出てしまったのです。

 

そこでいろいろな手段を使ってライブドアから脱却することを行い、現在の株式会社カーチスと店舗名もカーチスになったというわけです。

 

カーチスや旧ジャックなどは中古車買取店の歴史の中でも比較的古株なのですが、こういった社内のごたごたによって、店舗経営に力を入れることがあまりできず、結果的にここ最近になってやっと落ち着いて経営ができるようになったのです。

 

それによって古い割には知名度は低く、カーチスとしての店舗もほかの買取店に比べると少なめとなっています。

独自の販売ルートを持っているカーチスの強み

カーチスという店舗は自動車買取だけではなく、その車の販売にも力を入れています。

 

通常、こういった買取専門店は買い取った車のほとんどをあちこちで開催されている中古車オークションなどに出品して、そこで売りさばくことによって利益を上げるのが今では一般的です。

 

中古車オークションは多くの中古車販売にかかわる人間にみられることになるので、直接店舗で販売するより売却される確率がかなり高くなりますが、車を出品するために出品料や手数料、保管費用などお金がかかってしまうので、買う側も売る側もそういったものを加味したうえで金額を決定します。

 

しかし、カーチスは中古車オークションと同じように店舗での販売に力を入れているのです。

 

買取って店舗でそのまま売ることもありますし、グループ内の車種が少ない店舗に輸送してそこで売るときもあります。

 

それによって中古車オークションでの出品手数料などの諸経費が少なくなるので、その分買取では高く買い取ることができますし、販売面でも安く販売することができるのです。

 

しかし、この方法というには中古車オークションが普及する前はみなやっていたことなのです。

 

ある意味過去に戻ったような形で買取や販売を行っているように思えますが、周りの企業がみな中古車オークションによって利益を上げている中、店舗での直接販売を行うという独自のやり方を持っているのというのは逆に大きな進歩ではないかと思います。

 

これによって比較的高めの査定額となるのですが、店舗での販売を目的としているので、すぐに売れそうな車でないとなかなか高額査定を引き出すことが難しくなっています。

レクサスが最高額で売れるサイト

レクサス 買取
レクサスの下取りを選んだ約7割の人が損をしている!?レクサスの査定で最高額で売却する秘訣!

更新履歴